« 中大アニ研の | Main | 只今 »

2004.05.01

フレーム問題

と言っても人工知能の話じゃなくて、アニメの作画やら撮影の時の枠の話。
先日、長年(10年位)愛用していたGT-8500Winに代わり、GT-9400UFを使い出したわけだが、これにはADFが付いてる(別売りです。念のため)。
紙を束ねてセットすると勝手に一枚ずつ読み込んでスキャンしてくれる大変便利な代物で精度も問題なく、もう今更タップをスキャナに貼り付けてチマチマやってられないという感じである。
が、一つ問題があって、作画の時はタップ穴が使えず紙の四方をきっちり揃えて描かなくてはならない。これは少々面倒である。
どうしたものかねー、と思っていたが、昨日閃いたので今日やってみた。
一束500枚のB5のコピー用紙を買い、それをそのまま隣駅のキンコーズに持ち込んで105円払って穴を空けてもらう。でかい機械で一気に穿孔するから、穴の位置が揃う、というわけ。ちと穴が大きめだけどその辺はタップにセロテープ巻いて調節。
で、帰宅したらおもむろにその中の1枚を取り出し、プリンタにセット。
パソコンで、今は流れ流れて名前を変えて1980円で売られてしまっているHyperKidを起動し、720*540pixel、72dpiの空画像を作成し、センターとコーナーのトンボをつきで75%縮小で印刷。タップと対応したフレームの出来上がり。
空画像でなく、こういった安全フレームの枠なんか付けて印刷すると更に気が利いているかもしれない。
背景はShadeと街の森で作るよ、でも人体は紙に手書きだよ、という時もこれで合わせられる筈。

最初から全部タブレットでできれば一番良いんだけど。

※ちなみにここで言う「タップ」とは、本格的なあの穴が3つのではなくて、こういう2穴のやつです。

|

« 中大アニ研の | Main | 只今 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1190/521155

Listed below are links to weblogs that reference フレーム問題:

« 中大アニ研の | Main | 只今 »